オクト トップページ
オクト トップページ


これからの経営

IT活用のポイント

相談・セミナー

キーワード

トピックス・コラム


携帯サイトはこちら

携帯サイト

携帯でQRコードを読み取り、
アクセスしてください。
中堅・中小企業や創業後の企業では、IT人材の不足により、ITの利活用が進められないケースが少なくありません。


オクトは、IT活用の相談役、顧問として
などの課題・問題の解決に向け、ご助言・ご提案を行うと共に、
業務の現場で担当者様をご指導しております。

課題解決への取り組みを通して IT担当者様の育成にもお役立ちしております。

支援先企業様とは、顧問契約(業務委託契約)を締結させていただきます。
必要な時に期間を限定してご支援をいたしますので
IT人材を自社採用する場合に比べ費用を抑えられます

ご支援の詳細についてはこちらからお問い合わせください。



マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が導入され、マイナンバー(個人番号)および個人情報の安全管理対策は、中小企業・小規模事業者にとっても避けては通れない経営課題となりました。

個人番号は、非常に重要な個人情報と位置づけられ、個人番号を取り扱う際には、企業規模にかかわらず厳格な保護措置(安全管理)が求められます。

不正行為や従業者のミスにより個人情報・機密情報が漏洩すれば、企業は経済的な損失と社会的な信用の喪失という大きな被害を被ることになります。

災害や障害、不正アクセスや誤操作などでコンピュータや情報システムに支障をきたすと業務が滞り、企業に及ぼす影響は小さくありません。

個人情報保護、データ・情報およびコンピュータ・情報システムの安全管理措置
情報セキュリティ対策」は、企業の重要課題となっています。



企業にとっての『IT化』とは、ITの導入により儲けを生み出すことです。

IT化は、業務の合理化・効率化の手段としてだけでなく、経営戦略の実現に必要な条件となっています。
経営課題の解決にITが欠かせなくなっています。

一方で、ITの導入により、
ITにかかわる問題・課題も生じています。

企業ごとに求められるITは異なります。
オクトは、IT活用の相談役・顧問として、企業の経営課題解決のご支援をしております。




地域金融機関の法人営業担当者様へ

新事業の創出、商品開発、販路開拓など、中小企業様へご支援を行い、
前向きな融資案件を創り出すコラボレーションをご提案しております。
詳細についてはこちらからお問い合わせください。



売上を増やすため、販路開拓・拡大の方策として、ネット販売に取り組む企業が増えています。
ネットショップで商品を販売するためには、ネットショップを開設し運営する人とスキル、資金、そして集客するための仕組み、販売するためのノウハウが必要になります。


経営・業務の効率化・スピード化を図りたい、情報管理・セキュリティ対策に不安がある、情報システムを導入したが効果が上がらない ・・・。

IT・情報システムに不満が多いのはなぜ?

ホームページの見直しのポイントは?



IT活用事例

納期遅れを解消
資材在庫の把握および生産計画の策定がシステム化されておらず、正確性、即時性に欠け、納期遅れが発生していた。

営業活動の改善
顧客の情報は担当営業が抱え込んでいた。そのため、顧客の要望、クレームなどが把握しづらい状況であった。

       ...一覧

IT活用相談事例

個人情報保護対策
個人情報保護法への対応策として、具体的にどのような対策を講じておくべきなのでしょうか。

ホームページの有効活用
ホームページを開設し、インターネット上からも注文・問合せが受付けられるようにしました。しかし、この1年でインターネット上から問合せが来たのは2、3回程度で期待はずれの状況です。

パッケージソフトの選定
ソフトの開発業者に依頼し、自社用の業務システムを開発していますが、スケジュール通りに進んでいません。いつまでもシステム開発に引っ張られているわけにもいかず、パッケージ・ソフトの利用を検討しています。

ネットワーク化の進め方
全従業員にパーソナルコンピュータを配布し、社内LANの構築とグループウェアの導入を行いました。しかし、グループウェアはあまり活用されることもなく、情報共有も進んでいません。

システムの再構築
在庫の一元管理が経営上の課題です。
現行システムには在庫管理の機能がありますが、本社と支社での一元管理ができていません。

       ...一覧